本文へスキップ

KYOTO GIONMATSURI VOLUNTEER 21

御挨拶profile

本会は、京都祇園祭の山鉾巡行のボランティア活動を通して、京都の歴史と町衆の心意気を学び、会員及び青少年団体の連帯を強め、青少年の社会参加と健全育成を推進することを目的としています。

京都・祇園祭ボランティア21
 第7代 会長 西 川 知 孝 

【会長就任のご挨拶 H30.2.23】
 本年度より、会長をさせていただくことになりました、西川知孝です。
 この「京都・祇園祭ボランティア21」も、今年で35周年を迎える事が出来ました。これもご支援を頂きました八坂神社様、山鉾連合会様、各御町内様を始め、加盟団体や諸先輩方、参加者全ての方のおかげだと思っております、本当に有難う御座いました。
 さて、千年以上の歴史を誇る祇園祭ですが、長い時間の流れで考えると今年はその中の一年です。しかし今年の祇園祭は今年しかなくもう二度と戻ってきません。その重みや歴史そして責任を感じていただき、今年も事故・怪我なく無事にご奉仕していただければ幸いに思います。
 ご奉仕にあたり「参加して良かった、楽しかった」だけでは無く、学校や会社でなかなか学ぶ事が出来ない世代間を超えた連帯感や一体感そして達成感を感じられるのがお祭りの良い所だと思います。昨今は敬遠しがちな近所付き合い、町内会また地元行事など、地域の為や人の為また社会の一員としてこの貴重な経験を活かし今後の人生のお役にたてて頂ければ幸いに思います。
 結びにあたりまして皆様の益々のご健勝・ご活躍をお祈りして、今年もこれからも京都・祇園祭ボランティア21をよろしくお願い致します。

平成30年2月吉日 京都・祇園祭ボランティア21 第7代会長 西 川 知 孝

(平成30年2月23日、平成30年度総会において会長に選任されました。)


公益財団法人 祇園祭山鉾連合会
 理事長 岸 本 吉 博 様

「京都・祇園祭ボランティア21」が創設されて以来、この夏で33回目の山鉾巡行へのご奉仕を頂くことになっております。長い年月の間に、貴会の皆様方も(公財)祇園祭山鉾連合会と各山鉾町も当たり前のように「例年通り」と云うことで、脈々とこの事業は続けられてきたのだと考えられます。
しかし、この間、のべ1万7千人に近い方々のお力が注がれてきたということで、この実績は大変な成果であり、尊いことであります。この様に多くの人々のご奉仕の心があって初めて千有余年の歴史が継承されている訳で、各々の時代で少しずつ形を変えて引継がれていることに歴史の重みと祭りに携わる者としての責任を痛切に感じます。
京都の夏は蒸し暑く、ある時は強烈な日差しの中を、ある時は風雨の中を黙々と続けて頂いていることに、又、そのボランティアを後押しして頂いている企業の方々の広いお心に、心からの感謝と敬意を表したいと思います。

(平成27年12月、岸本吉博様が祇園祭山鉾連合会理事長に就任されました。)

京都・祇園祭ボランティア21

〒602-0073
京都市上京区堀川通寺之内上ル
寺之内堅町682番地
一般社団法人茶道裏千家淡交会総本部内
info@gionmatsuri.info