本文へスキップ

KYOTO GIONMATSURI VOLUNTEER 21

京都・祇園祭ボランティア21

祇園祭は「八坂神社」の祭礼です。そして山鉾町及び氏子の祭りです。
我々ボランティアは山鉾連合会(氏子)の元で活動させていただいていることを自覚し、その意に外れることなく、千年以上続いてきた形や習慣を正しく継承する義務と責任があります。
「例年通り・・・・」が山鉾町内の「挨拶」です。

令和3年7月24日更新

【令和三年七月 祇園祭山鉾巡行 報告】
 昨年に引き続き、本年も祇園祭は神幸祭・還幸祭の神輿渡御が中止となり、山鉾行事の象徴である山鉾巡行も中止となりました。その一方、一部のご町内では二年ぶりに山鉾が建てられ、お囃子の音色が奏でられる中、明年の完全巡行に向けた技術継承が図られるなどの明るい兆しも見られました。
 このような中でも、祗園祭の本義である国家安寧祈願、特に疫病退散を祈願して、八坂神社では粛々と祗園祭御神事が執り行われました。前祭の十七日夕刻から後祭の二十四日までは、御神輿の替わりとなる御神霊の依り代として、御榊が四条御旅所に奉安されました。

 前祭山鉾巡行の十七日朝には、山鉾連合会役員様、前祭各山鉾町の代表者様による隊列を組み、各々の榊を山鉾に見立てて奉持し、練り歩きによる巡行が行われました。例年通り、九時ちょうど、今年は居祭で建てられた長刀鉾のお囃子と音頭取りの掛け声に見送られて四条烏丸を出発し、四条通を東進して四条寺町御旅所まで徒歩による巡行を行いました。
 今年は、簡略化されましたが籤改めに替わる籤渡しも行われ、四条御旅所到着後は八坂神社を遙拝されました。
 後祭山鉾巡行の二十四日には、三条通を東進し、三嶋亭前から寺町通を南進する往古の後祭巡行路を彷彿させる経路にて練り歩きが行われました。後祭でも籤渡しが行われ、四条御旅所到着後は、御旅所に奉安された御神霊に参拝され、本年の山鉾巡行行事が終わりました。

 「京都・祇園祭ボランティア21」からも、露払い・祇園会旗手・連絡整理員・救護員・記録員等、約十名がお供してご奉仕させていただきました。
 時局柄、参集者の密集を避けるため、関係者の帯同も最小限度に自粛いただくなどの申し合わせがされており、祗園祭を楽しみにしておられた皆様方にも、本行事について事前にお知らせすることができなかったこと、行列へのご奉仕についても役員・スタッフの一部に限定しての対応となったこと、大変心苦しく思っております。諸事情ご拝察の上、ご理解下さいますようお願いいたします。

 明年、令和四年はいよいよ例年通り、山鉾を曳いての巡行ができる社会環境となるよう、皆様方にも感染拡大防止と収束に向けた取組みにご協力いただきたく思います。なお一層、ご健康に留意いただき、元気にお会いできることを心から楽しみにしております。

<文責:文化情報委員会・福塚>
















令和以降の活動写真・集合写真こちらのブログから

御注意topics

公式ホームページのドメインに御注意ください!
http://www.gionmatsuri.info/
旧ホームページ
http://www.gionmatsuri.jp/volunteer/ は、今後更新しません。
旧ホームページは過去のアーカイブですので、
必ず現在の新しいホームページで御確認をお願いします。

本ホームページは、京都・祇園祭ボランティア21が全て管理・運営しております。
掲載されている、記事・写真・図・表などの無断複製・無断転載及び無断改変を禁止します。

当会に関するお問い合わせは京都・祇園祭ボランティア21事務局までお願いします。
祇園祭山鉾連合会、山鉾町、八坂神社等へのお問い合せはご遠慮ください。

京都・祇園祭ボランティア21

〒602-0073
京都市上京区堀川通寺之内上ル
寺之内堅町682番地
一般社団法人茶道裏千家淡交会総本部内
info@gionmatsuri.info

copyright©2016 KYOTO GIONMATSURI VOLUNTEER 21 all rights reserved.

goiken.htmlへのリンク